loop

頭の中に浮かんだ事を書いています。

疲労困憊

*愚痴を吐き出します



4日の仕事始めは、いきなり休んだ社員による職場トラブルで、7時間休憩無しの仕事になった

しかも、その休んだ社員がパチンコに行っていたことが判明

怒りを通り越し、呆れ果てた


鉛のように肩が凝り、昨日は無気力状態

理性も崩壊寸前で、彼にメール

さすがに彼も同情し、普段、人を批判しないけど、その社員を「ダメ男だね」と


彼に甘えたい、実際には出来ないけど、メールで泣き言を書いた


土曜日の午前中、いつも電話するのに、

3学期の準備やら宿題やら、子供たちが私の部屋に居たから、電話出来なかった


実は、年末までに幾度か子供たちに私が電話しているのを見られ、

「誰と話してるの?」と聞かれた

「お友達だよ」と答えたが、まだまだ甘えたい下の娘は、ヤキモチをやき、

「お正月は電話しないで。」と言われていた


そう言われて、心が痛かった

子供が居る時は電話しないようにしていたけれど、私が話したい、という気持ちを優先していた


話すと言っても、私は専ら聞き役で、彼の話を笑って聞いているだけなんだけど、それさえも、我慢しなければならない


我慢、我慢、我慢

そんな風に自分に言い聞かせていた


11時半を過ぎて、そろそろ昼食の準備をしなければ、という時になって、やっと一人になったので、彼に

「ちょっとだけ、声が聞きたい」とメールしたら直ぐに、かけてきた


「仕事、大変だったね。

僕は、昨日少しだけ飲みに行って、よく喋る友達の居ない人に絡まれたよ😂」


( ´゚д゚`)エー?何それ?😂

結局、彼の話で笑い、短い電話を切り、私は昼食の準備をするために階下に行った

それから、子供と買い物や、用事を済ませ、結局、身体を休ませられなかった


自分がやらなければならないこと

どれだけあるんだろ


義務が無い人は居ない

そんなことは分かっている

皆、そうやって生きてる


だから頑張らなきゃ、ちゃんとやらなきゃ


いつの間にか、自分を追い込み、疲れ果て

夢を見たくなっている


彼に対して、私は日常ではないモノを求めている

しなくてはならない義務ではなく、

自分がこうしたい、という欲を持っている


現実逃避、なんだろうな


彼に逢いたい

日常を忘れて、腕の中で眠りたい


叶わない願望をひたすら夢見て、

今日も現実の日常が始まっている

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。