loop

頭の中に浮かんだ事を書いています。

戯言

昨夜、私は泣いた

悲しい、ではなく

どう表現してらいいのか分からない感情で、涙が溢れた


疲れていたから、かもしれない

ずっと、彼のメールを待っていたから、

「ただいま」というメールがきただけで、

泣きたくなった


私は、彼に将来とか未来とかの望みは持たない

だからといって、絶望しているわけでもない


恋愛ほど、不確かで、

約束出来るモノ等、一つも無いと思っている

約束してる人を否定しているのではない


私自身が、

人の気持ちは変わるモノで、

絶対に変わらない、なんてとても言えないから、そういう事を求めないという話


なのに、

彼からメールがきた事だけで、

嬉しいという気持ちと

切ない気持ちが同時に起こり、

胸が苦しくて、泣いた


そんなにも、彼の事が好きなんだろうか?

と、自問する

私よりずっと年上のおじさんなのに?

顔だって、凄くカッコいいわけじゃない

背も低い

煙草を吸うし

お酒飲んで、酔っぱらいになって、

私をイラつかせる言動をする

見た目と本音が違い過ぎるし、

言ってる事が矛盾する

すぐ忘れるし、

話出すと止まらないし、

変な画像を送り付けてくるし...


全然、私のタイプじゃない!


なのに、なんで、好きなんだろう

彼という存在が好きなんだろうか


出逢いは単なる偶然でしかないが、

そのタイミングが大きな要素になる

たまたま、SNSでコメントをした

そんな人は、その前にも後にも居る

とびきり目立っていた訳でもなく

むしろ、あまり良くない印象

いきなり自己紹介と

自撮り写真が送られてきて、私は戸惑う


何だろう?

大丈夫かな?この人


それなのに、おはようとおやすみが日課になった


少しずつ彼の行動パターンが分かってくる


2週間位経った2月の初めの金曜日

おやすみメールが来なかった

酷く心配してしまい、

携番にショートメールを送った


お忙しいところ申し訳ありませんが、

都合がよろしければ、連絡下さい


誰が見るか分からないから、

そんな事務的な文言にした


しばらくしてから、返事がきた

もう午前10時近かった


飲んで酔ってはしごして、

知り合いの店で朝までカラオケして、

帰ってすぐ寝ちゃった

ごめんなさい

電話してもいい?


私は、心配して眠れなかったことは言わず

買い物に行くと家を出てから

彼の電話を受けた


公園の駐車場に停車して

チラチラ降る雪を見ながら、

初めて彼の声を聞いた

二日酔いのがらがら声だった


「僕は真面目だから、女性を口説いたりしない」

そう電話で言うから

「私は勘違いしたのかな?

口説かれたのかと思っていました」

すると、彼は慌てて

「僕は口説きました。

ななを好きになりました。

こんなおじさんだけど、

僕はななが好きです」

そう言われた



それから、半年して今年8月に初めて会った


もう1ヶ月以上経った

私は、時々ヤキモチを妬いたり

拗ねたりしながら、

彼と毎日メールをしている


私は、彼に惚れてしまった、と自覚する

そんな感情が、昨日の夜は涙になった


好きな人には、好きと伝えよう

感謝の気持ちは、素直に、

ありがとうと伝えよう


壊れたみたいに、

何度も、メールに書いて送った


おやすみと書いた後も、

なかなか眠れなかった


今朝もいつものように、暗いうちに起きた

肩が凝っている


おはようメールをした

彼からもおはようメールがきた


今日も頑張ろうね

うん、マイペースにね



よし、頑張ろう✨

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。