loop

頭の中に浮かんだ事を書いています。

おやすみなさいませ、と

夜中にメールが着ていたが、私は寝ていた


昨日、彼は仕事が終わってから飲みに行った

仕事は基本的に人と会うこと

だから、必ずスーツで出かける

彼はどんなに暑かろうが、寒かろうが、スーツ以外では仕事に行かない

ワイシャツには必ず、自分でアイロンをかけ、靴を磨く

真夏でもワイシャツは長袖

徹底している

持ち物も決まっている


男性のスーツ姿が私は好き

だから、初めて送られてきた写メに私はとてもドキドキした

(顔は別として😅)

さすがに、酷暑の今年

馴染みの人と会う時ネクタイはしないが、

自分が相手に敬意を持つ時や大事な時は、ネクタイをすると言っていた


私と逢った時、彼は、ネクタイをしていた


私はワンピース

普段も装飾品は付けない

髪をアップして、夏色のシュシュで纏めた

ヒールのあるサンダルにしようか迷っていたが、

オフホワイトのパンプスにした


写メのイメージから、彼は、あまり高身長ではないだろう

予想は当たっていた

ヒールだったら、彼の身長を越えていた


私は、清楚なイメージ、

そう言われていた

自分ではそう思わないが、確かに好きな色は淡色

黒い服も嫌いではなく、差し色に鮮やかな色を使う時もある


品が良い


私が目指すのは、それだ

目立ち過ぎず、かといって野暮ったいのは嫌だ

無難、というのも好きではなく

自分の好きなものを身に纏いたい


東京に行って、思った

都会の人は、他人を気にしない

その気楽さが、何より心地好い

田舎は、スーパーにスカートで買い物に行ったら、どこかにお出かけ?と言わんばかりに見られる

その目も、実際に言われるのも、本当に煩わしくて嫌だ


何を着ようが、私の勝手じゃない?

こちらに来て、そう旦那に言ったら、

お前じゃなく、俺や俺の家族が言われるからやめろ

と、言われて愕然とした


田舎には、そういう、とてもクダラナイ発想がある

閉塞感

知り合いは全部親戚?

そのくせ、居ない所では悪口を言う


私は馴染めない

馴染みたくない

噂話は大嫌い

誰が何をしようが、どうでもいい


育った環境なのか?

旦那は、何でも聞きたがる

自分の知らないことを知らないのが嫌なのか?

くだらない


私が話さないから、子供にしつこく聞く

自分がいなかった間の

昼御飯は何食べた?

買い物はどこに行った?

誰がいた?


どうでもいいじゃない!と、心の中で私は言う


同じ空間に居たくない

私は自室にいき、問題集を開いて、それまで頭を切り替える



ここから抜け出そう

自分の居心地の良い場所を、自分で作ろう

もっと人生は楽しいはず

もっともっと、世界は広くて、優しいはず




勉強しよ

朝ごはん作るまで、まだ時間がある

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。